事業案内

弊社について

弊社は、長年にわたり食品工場向けの機械器具設置工事業務に特化し、業界内での確固たる地位を築いてまいりました。私たちは、食品・飲料製造業界が直面する数々の課題に対して、革新的かつ実用的なソリューションを提供しています。特に、工場のFA(自動化)を通じて、コスト削減、品質の安定、生産効率の向上といった複数の利点を実現し、クライアントのビジネス成長を支援しています。

事業内容と提供サービス

機械器具設置工事業

主に食品・飲料工場において、プラント設備の設計から機械器具の設置、揚排水機器の設置工事などを手掛けています(写真は飲料工場における充填機・キャッパー新設工事)。

充填機・キャッパー新設工事

プラント設備の設計と設置
弊社では、食品・飲料工場の生産ラインに必要なプラント設備の設計から実装までを一手に担っています。これには、最新の技術を駆使した機械器具の選定、効率的なレイアウトの提案、そして安全かつ迅速な設置作業が含まれます。
揚排水機器設置工事
生産設備の最適化には、効率的な水管理システムが不可欠です。弊社は、揚排水ポンプを含む各種水管理設備の設置とメンテナンスを提供し、工場の持続可能な運営を支援しています。

設備保守(メンテナンス)業

機械器具の設置だけでなく、予防保全・事後保全といったメンテナンス業務にも力を入れています(写真は飲料工場における飲料生産機器のメンテナンス)。

飲料生産機器メンテナンス

予防保全と事後保全
機械器具の長期的な性能維持と安定した生産のために、予防保全と事後保全の両方に重点を置いています。これにより、予期せぬダウンタイムを最小限に抑え、生産効率の最大化を図ります。
予防保全とは、機械やシステムの故障を未然に防ぐための日常的かつ定期的な点検・修理のことです。故障の有無に関係なく耐用年数に達した部品は交換し、耐用年数に達していないとしても劣化の状態によっては交換をおこないます。
事後保全とは、動きが悪くなったり完全に故障したりした機械やシステムを点検・修理します。また、修理するだけでなく「なぜ故障したのか」を解明して再発防止をおこなうのも重要な業務です。

強みと差別化ポイント

専門性と経験
弊社は、食品・飲料業界に特化したサービスを長年にわたり提供してきたことで、深い業界知識と豊富な経験を有しています。これにより、クライアントの具体的なニーズに合わせたカスタマイズされたソリューションを提供することができます。
技術革新への取り組み
最新技術の積極的な導入と革新的な工夫により、生産効率の向上、コスト削減、そして環境負荷の低減を実現しています。

お客様への価値提供

弊社のサービスは、単に機械を設置するだけではありません。私たちは、クライアントのビジネスが直面する課題を深く理解し、それに対する実用的な解決策を提供することにより、クライアントの事業成長をサポートしています。さらに、定期的なメンテナンスと緊急時の迅速なサポートにより、安定した生産活動を保証します。

今後のビジョン

将来に向けて、弊社は持続可能な製造プラクティスの推進と、技術革新を通じた業界の発展への貢献を目指しています。クライアントの価値創造と共に、社会全体へのポジティブな影響を与える企業であり続けることが、私たちの終わりなき追求です。

タイトルとURLをコピーしました